[掲示板に戻る] [一覧表示に戻る] [新着表示に戻る] [ツリー表示に戻る] []  [前画面に戻る]

【SM体験・調教告白掲示板】

- 記事No. 13 の全体表示です。返信フォームから返信出来ます。 -

【親記事】
調教ファイル 人妻 友子(横浜編) 5.苦しいキス
T : 2015/11/11(Wed) 01:07 No.13
 HomePage

数分後、私と友子はラブホテルの一室にいた。
セビアンのある曙町は、いわゆる関内〜伊勢佐木町エリアにほど近く、実はラブホテルにはアクセスの良い場所であった。

私は緊張して身体を固くしている友子にソファを勧め、ビールを開けてコップに注いであげた。
友子は言われるままにソファに座り、グラスを手に取る。

「じゃあ、乾杯!」
「乾杯!」

軽くグラスを合わせた後、私は友子に囁いた。

「ちょっと準備をするから、おとなしく待っているんだよ」

友子が黙ってうなずくのを見てから、私はセビアンで購入したグッズを袋から取り出し、それぞれ箱から取り出したり使える状態にした後、防水ローターとディルドゥを持って洗面所に向かった。
新品でも、洗浄できるものは一応ソープで洗ってあげるのがM女性への私の気遣いである。

席にもどった私は、友子に見えるように、グッズを一つ一つゆっくりとテーブルの上に置いた。
こうして、少しずつ調教へ向けての緊張感を高めていくのである。

その後、私は友子の横に腰を降ろし、ビールを飲みながら友子の肩を抱き寄せた。
そして再度、口にビールを含み、友子に口移しでビールを飲ませた。
単なるキスだと思っていた友子は、一瞬ビクッとした後に、すぐにビールを飲み干した。
そのまま友子の唇の感触を愉しんだあと、舌先で唇を押し開けて深く舌を差し込んで絡ませる。
友子もすぐに反応して舌を絡ませてくる。華奢な身体が小刻みに震え、もう感じていることが伝わってくる。

私は友子から唇を離し、こう言った。

「友子、舌を出して」

戸惑いながら、言われるままに、おずおずと舌を出す友子。
私を友子の舌の出ている部分を全部口に含んで、舌を絡めていった。
舌を巻きとられたようなこの状態でのキスは、呼吸ができないために非常に苦しいものである。
案の定、友子もすぐに音を上げ、くぐもった声を漏らし始める。

「ンググ・・・ ググッ・・・ ググッ・・・」

私は唇を離して、再度命令する。

「駄目だ。我慢しろ!」
「さあ、舌を出せ」

少し怯えたような目をしながら、再度差し出した友子の舌を口に含み、強く吸いながらディープキスを続ける。

「ンア・・・ ンア・・・ クゥゥ・・・ クゥゥ・・・」

苦しがる友子をようやく解放し、顔を覗き込む。
目が潤んで、すっかり被虐の快感に酔い始めている。

『やっぱり友子はM性の強い女だな』

そう確信した私は、友子に命じた。

「さあ、調教を始めるぞ友子。立ちなさい」


********************************************************

東京都心の某区在住のS紳士でMaster Tと申します。
ブログで、私の調教実録を調教ファイルとして掲載しています。
リアルな調教実録に関心がある方は是非どうぞ。
ご主人様をお探しのM女性も是非お立ち寄りください。

■ブログタイトル
Master Tの部屋 〜M女性のご主人様探しのために
[返信]
[修正]
[削除]


返信フォーム
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ URLの自動リンク無効
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 5674 を入力してください)
文字色


クッキー クッキー情報を記録しない
プレビュー 投稿を確認する
投稿後このスレッドに戻る

修正・削除
NO: PASS:

[標準/一覧/新着/ツリー]  []