【SM体験・調教告白掲示板】
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [投稿ランキング] [管理用]
 [投稿情報(RSS)]  [標準/一覧/新着/ツリー]  []

8.完全陥落   T : 2016/04/02(Sat) 00:39 No.17  HomePage
|

「よし、ご挨拶のポーズへ戻せ」

自分でクレヴァスを拡げるという屈辱のポーズを解くことを許され、友子はおずおずとご挨拶のポーズへ体勢を戻した。

私は友子の後に廻り、背後から身体を絡ませて愛撫しはじめた。

「あぁぁ・・・ あぁぁ・・・」
「いっ・・・ いぃ」

指と掌をねっちりと動かして素肌の感触を十分楽しみつつ、私は友子の耳の穴に舌先をすべりこませた。

「あっ、ああ〜っ!」

びっくりするほど大きな嬌声を上げる友子。
言葉責めで散々弄ばれた友子の身体はすっかり燃え上がり、感じやすくなっていたのであろう、少しの刺激にも身体を震わせるほど反応している。

私は友子の顎に指をかけて斜め後ろを向かせながら、唇を重ね、舌でこじあけて深く差しこんでいった。
ねっとりと舌を絡ませていくと、友子も夢中で舌を絡めてくる。
その後、唇を離し、首筋から胸元に唇と舌を滑らせ肌の匂いを愉しんだ後、両手で乳房を揉みこむと、友子は我慢しきれないように身体をくねらせ始めた。

「はぁ・・・ はぁぁ・・・」

動くことが許されない状態の下で身体を弄ばれるという初めての経験に、友子の身体は異常なほど燃え上がっていた。
やがて右手を乳房から外し、私はゆっくりと手を下腹部に滑らせていった。
花弁を開いて、中指を花園へ滑り込ませる。

「ううっ・・・ あああぁぁぁ・・・」

敏感なところをまさぐられ、友子が嬌声を上げた。
私は友子の敏感な木の芽を指でつまみ、ゆっくりとこねまわすように愛撫した。
友子の蜜壺は、大量の愛液にまみれ、すでに内腿にまでしたたらせていた。

「あ〜っ、あっ、あっ 」

押し寄せる快感に腰をよじる友子。
私は、木の芽から指を外し、二本の指を花園に差し込む。
友子は、瞬間的に蜜壺を締めようとした。

「締めるな、力を抜け!」
「お前は奴隷だぞ、力を抜いてご主人様のされるままになるんだよ!」

私は、叱責されて慌てて身体の力を抜いた友子の蜜壺深くまで二本の指を差し込み、緩急をつけながら、執拗に抽送し続ける。
友子は嬌声を上げながら、激しく腰を振り、快感をむさぼり始めた。
そう、SEXでは感じることのできない禁断の快感を、友子はすでに知り始めていたのである。

「ああ〜、あっ!あっ!」

その後一分ほど蜜壺への指の抽送を繰り返された友子は、あっけなくガクッと膝の力を抜いた。
そう、この段階ですでに一度、達してしまったのである。

********************************************************

東京都心の某区在住のS紳士でMaster Tと申します。
ブログで、私の調教実録を調教ファイルとして掲載しています。
リアルな調教実録に関心がある方は是非どうぞ。
ご主人様をお探しのM女性も是非お立ち寄りください。

■ブログタイトル
Master Tの部屋 〜M女性のご主人様探しのために
[修正]
[削除]


返信フォーム
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ URLの自動リンク無効
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 6828 を入力してください)
文字色


記事移動 管理人の設定 移動しない トップへ移動
クッキー クッキー情報を記録しない
プレビュー 投稿を確認する
投稿後このスレッドに戻る

ツリー表示
8.完全陥落 - T 2016/04/02(Sat) 00:39 No.17  <<表示中

[標準/一覧/新着/ツリー]  []